<< 神戸市長選、民主が現職を推薦 | main | オリンピック東京開催ならず >>
ソニー3Dカメラ




▼単眼レンズで3D撮影、240fpsでなめらかに!ソニーが開発
 ソニーは10月1日、1本のレンズで3D撮影が可能な単眼レンズ3Dカメラ技術を開発したと発表した。単眼ならレンズ連動が不要で、簡単に正確な3Dズーム・フォーカス調整ができるという。視差(左右眼用の画像のずれ)も、ぼやけと認識する範囲内に抑えられており、撮影した映像を偏光眼鏡なしで見た場合、普通の2D映像として鑑賞できるという。試作機のサイズは、240(幅)×200(高さ)×480(奥行き)ミリ、重さは18キロ。同社は3D関連の技術開発を進めており、家庭でも3D映像を楽しめるハード・コンテンツを、来年から提供する計画だ。
■ソニーも国内初公開 3Dディスプレイが花盛り

これまで3D映像はその撮影時の制約が大きく、一般的な撮影ノウハウが通用しなかったが、レンズを1本化することで、私でも問題なく撮影することができるようになった。^^同時に2D鑑賞でも左右眼の誤差は「ぼやけ」レベルで問題ないというのも3D作品の制作にはずみをつけそうだ。

3Dプロ用システムで先行するパナソニックは2眼式だ。もっともプロ用といってもコンパクト仕様なので、特殊用途と割り切った使い方を想定しているようだが、やはりスマートに2D撮影と同じスタイルで撮影できるソニーの方が現場からは支持されるだろう。

一方で3DTVだが、これも上記のようなカメラが登場したことで新しい映像コンテンツが増える事が予想され、一般家庭への普及も期待できる。また次年度あたりには、3D対応家庭用ビデオカメラへの投入を予定しているらしいので、カメラ&TVでパーソナルな3D映像が楽しめるようになる。

そしてその内ディスプレイはホログラムに変わり、スターウォーズで「レイア姫」がホログラムで助けを求めるシーンのような映像が創れるようになるんでしょうね。ヾ(^o^)

◆注目は3Dテレビ、電子機器展示会「シーテック」開幕

緊急インタビュー「3D映画は定着するか否か」
「戦慄迷宮3D」10月17日ロードショー

3DCinema「AVATAR」12月18日ロードショー
| Camera | 10:15 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP









http://kaizin.jugem.cc/trackback/1119
スター・ウォーズ フォース アンリーシュド
スター・ウォーズ フォース アンリーシュドの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「スター・ウォーズ フォース アンリーシュド」へ!
| スター・ウォーズ フォース アンリーシュド | 2009/10/03 4:38 AM |
CONTROL
PROFILE
━…━…━…━…━
My History Index
━…━…━…━…━

メールフォーム

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 迷子のフクロウ保護
    kina
  • ポール ライブ イン オオサカ
    pio
  • 宇野くん元気そうだ!
    るーく
  • 宇野くん元気そうだ!
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • 週刊朝日
    るーく
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

このページの先頭へ