<< 落陽 | main | たどりついたらいつも雨降り >>
65年目のヒロシマ

原爆ドーム


祈り続けて65年−−ヒロシマ、核軍縮舞台に_画像
原爆投下から65年を迎えた今年の広島の平和記念式典は、いつになく国際政治色が強まった。国連事務総長の初参列に加え、原爆投下国の米国大使も初めて出席。ヒロシマの位置付けは、鎮魂から核軍縮に向けた象徴へ変わりつつある。被爆者の間に歓迎する意見は多いが、「慰霊の場としての式典を忘れてはいけない」と危惧(きぐ)する声も聞かれる。核廃絶の実現には冷徹な政治の現実も立ちはだかる。
広島原爆の日:初参加国にそれぞれの思惑74カ国参列_画像
米国務次官補「謝罪することはない」広島式典に代表団_画像
エノラ・ゲイ機長の息子、米大使の広島訪問批判_画像

核廃絶を訴えるオバマ大統領の強い希望で、初めて米国代表として駐日大使が式典に出席したそうですが・・・アメリカ国内では保守層の反発も強いようですね。

例年使っている写真が見つかりませんでした。残念です。

という事でこのブログも8月で7年目に突入したようです(笑)


Archives---------------------
64年目のヒロシマ
63年目のヒロシマ
62年目のヒロシマ
--------------------------------
前にも書いたと思いますが、私はヒロシマ生まれなんですよ
母親が出産の為にヒロシマの実家に帰り、私を生んで、そして1ヵ月後に神戸の自宅へ戻ったらしいです。ですから、小学校の頃までは年に2回は必ずヒロシマの祖母のところへ行ってました。

しかしながら原爆ドーム。資料館には1度も連れて行ってもらえませんでしたよ!「あそこは怖いところだ。子供の行くところじゃない」と言われてましたからね。そして中学の夏休みの時、色んなイベントもあり、怖いもの見たさで初めてひとりで見に行きました。そこを出た後・・・強烈な暑さの中、眩暈がして私はゲロをはいてしまいました。

祖母からも母からも原爆の話はほとんど聞いた事がありません。当時はピカドンの事はタブーで、被爆しているかも知れない。というだけで嫁にも行けない時代だったそうです。
| Journal | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP









トラックバック機能は終了しました。
CONTROL
PROFILE
━…━…━…━…━
My History Index
━…━…━…━…━

メールフォーム

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 迷子のフクロウ保護
    kina
  • ポール ライブ イン オオサカ
    pio
  • 宇野くん元気そうだ!
    るーく
  • 宇野くん元気そうだ!
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • 週刊朝日
    るーく
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

このページの先頭へ