<< 総体予選 | main | 解散してしまうのか?Hands >>
オールブラックスに完敗
オールブラックス・リッチー・マコウ
ラグビーの「リポビタンDチャレンジカップ2013」は2日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、日本代表はニュージーランド代表「オールブラックス」に8トライを奪われるなど6−54で完敗した。両国の対戦成績は、親善試合を含めてオールブラックスの5戦5勝となった。 2011年W杯王者のオールブラックスは、スタメンに代表キャップ120を誇る主将リッチー・マコウ、同97のSOダン・カーターらが名を連ねた。
日本は小刻みに縦へ縦へと攻めるがなかなか有効にゲインを奪えない。そして最終的に相手にボールを取られる。一方のブラックスは手捌きよく横への展開も早く見ていて美しかった。日本は全体的にタックルも甘くよく躱されていたし、いいところなしで終わった。

ブラックスは若手中心のメンバーらしいが、しっかりとリッチー・マコウ(写真)も出場していた。33歳にして120キャップ。可愛い顔してるなー(^_-)-☆こういう事を言うと誤解を招くかも知れませんが顔って大事ですよね!日本では唯一ベテランのロック、大野均がいい^^

という事で帰って来てから録画を見た感想でした(笑)


午後からは3男の総体予選3回戦。事前予想では100対0だろうと言われていたが結果は160対0の今季最高得点!もっともここまで一方的だと見ていても面白くないんですけどね。しかし恐らくこのままの勢いで決勝まで進み、その決勝も春の大会と同じ相手になると思われます。春の結果は81対0。県内予選では向かうところ敵なし!の状態ですね。

うちの3男はと言うとなかなか頑張っていた(笑)九州遠征で初のMVPを取ったらしいが、その後の大阪強豪校との試合、本日の試合などを見ていると確かにプレースタイルが変わり、積極的に前へ前へと攻撃的なラグビーをするようになった。

今年1月からロックとしてレギュラー入りした彼は、当初先輩たちに負けないように!チームの足を引っ張らないように!と言う意識が働いていたのか、ボールを持ってもタックルを受ける前にパスを出しボールを繋ぐ無難なラグビーだった。

それがここ数試合でタックルを受けてもそのまま相手を引きずり少しでもゲインを稼ぎぎりぎりまで踏ん張ってパスを出すようになった。あわよくばトライ!も狙っているようで、今日は開始早々にサイドから走り込んで1トライ決めた。

先日、学校で身体測定した結果また身長が伸びていたようだ。182センチ、85キロ・・・とうとう身長は私を超えてしまった(笑)
| Sports | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP









http://kaizin.jugem.cc/trackback/1641
CONTROL
PROFILE
━…━…━…━…━
My History Index
━…━…━…━…━

メールフォーム

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 迷子のフクロウ保護
    kina
  • ポール ライブ イン オオサカ
    pio
  • 宇野くん元気そうだ!
    るーく
  • 宇野くん元気そうだ!
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • 週刊朝日
    るーく
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

このページの先頭へ