<< Eee PC | main | 映画「アース」1月12日公開 >>
新テロ法、衆院で再可決


新テロ法:衆院で再可決・成立 提出から3カ月
今国会の焦点である新テロ対策特別措置法案は11日午後1時から開かれた衆院本会議で再可決され、成立した。これに先立つ参院本会議では民主党など野党の反対多数で否決されたが、与党は憲法59条の規定を適用し、賛成340票、反対133票と衆院で3分の2以上の賛成で再可決した。参院で否決された法案の再可決は51年の「モーターボート競走法」以来、57年ぶり。与野党の勢力が衆参両院で逆転した「ねじれ国会」下で、新テロ法案は昨年10月の衆院提出から約3カ月で成立にこぎつけた。
毎日社説:新テロ法案、民主党の対応は理解し難い
読売社説:民主党も責任ある対応を

安倍前首相辞任劇の最大課題だった「テロ特措法」がようやく成立した。思えば、昨年7月の久間防衛相辞任、8月の小池百合子防衛相「辞める」と明言、そしてその確執があった事務次官の汚職事件(継続中)など防衛省をめぐる一連の騒動の中ですっかり置き去りにされた感のある法案だったが、それ自体はこれまでも続けてきた経緯の中で判断すると、民主党の対応次第で十分妥協点を見いだして早期に可決する機会はいくらもあったはずだ。民主党内で賛成派も多くいた事を考えると、最初から反対し続けた小沢代表の責任は大きい。

---------------------
医者、用水路を拓く―アフガンの大地から世界の虚構に挑む
医者井戸を掘る―アフガン旱魃との闘い
アフガニスタンで考える―国際貢献と憲法九条

---------------------
さて、強行採決した自民党に対して民主党(野党)は、当初の予定であった福田首相の問責決議案を出し解散総選挙へ?というとすでにそれはない状況になっているようだ。どちらかというとある意味民主党の方が追い込まれている状況ではないか?ここであせって解散総選挙に持ち込んで、結果過半数がとれなければ今度こそ大連立しかなくなる。それは多くの民主党議員にとって妥協できない問題であるはずで、だから次の選挙は万全を期したタイミングで何がなんでも過半数をとらなければ・・・生き残れない。という強迫観念を持っている議員が案外多い。一方の自民党は「負け」は覚悟の上での過半数維持に向かって全力で取り組んでいる。冷徹な割り切り方で小泉チルドレンらも切り捨て、着々とその準備を進めている。
そんな混沌とした状況の中で、問責決議案は出せない。というのが大方の見方のようだ。

そんな状況の中にあって唯一、全会一致で「薬害肝炎被害者救済法」が本日成立し、18日にも施行されるようだ。^^


新テロ法採決、小沢氏ら6議員が投票せず
新テロ対策特別措置法は11日の衆院本会議で、再議決により成立したが、民主党の小沢一郎代表が採決直前に本会議場を退席し、同党内から「採決こそ国会議員の重要な仕事だ」(中堅)と批判が起きるなど、波紋を広げた。
 棄権したのは、民主党は小沢氏のほか、河村たかし、平野博文両氏。国民新党の亀井静香代表代行、無所属の野呂田芳成氏も棄権した。与党では自民党の海部俊樹元首相が体調不良を理由に欠席した。
 採決では、自民、公明両党議員と無所属の鈴木宗男、西村真悟両氏らが賛成し、成立に必要な3分の2の賛成(316票)を大きく上回る340票の賛成があった。
採決をすっぽかして出向いた先は、大阪ミナミ^^大阪府知事選の応援ということで心斎橋商店街を練り歩き!第一声は「日本を変える政治家が、大阪を変える男の応援に参りました」だって。。。だらしのない民主党は小沢代表自らが選対委員長をやらなければ戦えないらしい。そしてそれ自体が非常に危険な状況だと感じない鈍感さにもたまげたものである。w 大連立後の政界再編を見越した形で自分の行動力を誇示しているとしか思えないのだが・・・それにしても、候補者自体がこのインパクトに吹き飛ばされて見えないというのも問題だなぁ〜(^O^;
| 政治 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(9) | ↑PAGE TOP









http://kaizin.jugem.cc/trackback/681
新テロ対策特措法 衆院再可決で成立
新テロ対策特措法が成立、57年ぶりの衆院再可決(読売新聞) - goo ニュース 昨日の午後「新テロ対策特措法」が淡々と衆議院で再可決され成立しました。 既に10日の報道で11日には参議院では否決。衆議院では再可決で成立。 民主党案は参議院で成立、衆議院では審
| 王様の耳はロバの耳 | 2008/01/12 6:38 AM |
朝日社説「再可決…は無策」と大連立推進の立場
給油活動の中止をへて、参院外交防衛委員会は10日、新テロ法案を野党の多数で否決しました。歴史的なことだと思います。「再可決へ−「3分の2」決着の無策」という標題のとおり、朝日社説(1月11日)は国会の審議のありように言及しています。たとえば、
| 花・髪切と思考の浮游空間 | 2008/01/12 7:06 AM |
新テロ特措法が成立
新テロ特措法が成立、衆院再議決は57年ぶり インド洋での海上自衛隊による補給活動を再開するための新テロ対策特別措置法案は11日午前の参院本会議で、民主、共産、社民各党の反対多数で否決され、即座に衆院に返付された。衆院は11日午後、憲法59条に基づき
| zara's voice recorder | 2008/01/12 7:29 AM |
57年振り再議決で新テロ特措法成立
馴れ合いである、 これでよーく判ったであろう。 対決姿勢は表面上だけ、 水面下では自民と民主はとっくの昔に大連立しているのだ。 これだけ重要な法案の 57年振りの再議決成立という歴史的大舞台に 一方の対立軸の代表が不在とは如何なる事か? そりゃ、そうだ小
| しっとう?岩田亜矢那 | 2008/01/12 8:22 AM |
超現実主義者か小沢党首は:衆院議決を退席し大阪府知事選へ
新テロ特措法:成立 衆院で57年ぶり再可決 月内に艦船派遣 昨日、新テロ特措法が衆院で可決 されました。 午前に参院本会議で否決されたん ですが、憲法上の規定ということで
| 自分なりの判断のご紹介 | 2008/01/12 12:53 PM |
新テロ対策特措法が成立
新テロ対策特措法が成立、57年ぶりの衆院再可決(読売新聞) - goo ニュース インド洋での海上自衛隊の給油活動を再開するための新テロ対策特別措置法は、11日午前の参院本会議での法案否決を受け、同日午後の衆院本会議で、憲法59条の規定に基づき、衆院議席の3分
| あれこれ随想記  | 2008/01/12 10:07 PM |
新テロ特措法再可決前に退席の小沢代表は大阪で選挙応援!?
 民主党・姫井由美子参院議員が告白本発売サイン会で恥知らずな姿を露呈したかと思うと、リーダーである小沢代表も国会議員の責任を放棄して大阪府知事選の応援・・・なんだこりゃ!?(時事通信) - Yahoo!ニュース小沢代表、再可決前に退席=「常識ない」、民主内か
| +子育ちパパの航生日誌Q2.1 | 2008/01/12 11:27 PM |
世界中から物笑いの種になる前に
 ポチです。 1月とは思えない暖かい日が続いていましたが、昨晩あたりからさすがに
| A PLACE IN THE SUN | 2008/01/14 4:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/02/09 4:33 PM |
CONTROL
PROFILE
━…━…━…━…━
My History Index
━…━…━…━…━

メールフォーム

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 迷子のフクロウ保護
    kina
  • ポール ライブ イン オオサカ
    pio
  • 宇野くん元気そうだ!
    るーく
  • 宇野くん元気そうだ!
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • 週刊朝日
    るーく
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

このページの先頭へ