Nikon D700

Nikon D700


ニコン、フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフ「D700」
ニコンは、フルサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ「D700」を25日に発売する。35mmフルサイズセンサーを搭載するニコン「FXフォーマット」採用モデルの第2弾。第1弾の「D3」に続き、D3と共通のCMOSセンサーを搭載する。画質面におけるD3との共通点を持ちながら、APS-Cサイズ相当のCMOSセンサー(DXフォーマット)を採用する「D300」に、本体サイズや外観を近づけた。D3にない新機能としては、D300やD60で採用例のある「イメージセンサークリーニング」機構が挙げられる。ローパスフィルターを4種の共振周波数で振動させ、付着したゴミやホコリをふるい落とす仕組み。もうひとつD3と大きく違う点は、ファインダー視野率が約100%ではなく、約95%にとどまること。倍率は約0.72倍、アイポイントは約18mm。なお、ファインダー接眼窓はD3と同様の丸形で、D300にないアイピースシャッターも備える。
Nikon D700 ボディ ¥328.000- by amazon
Nikon D700 official

D3リリース後半年でフルサイズ版第2弾を出してくるとは・・・いやデジ一眼に賭けるNikonの意気込みにはすごいものを感じる。^^さてD700だが、スペック的にはD3と比べると連射性能、ファインダー視野率などに差があるもののその他はほぼ同様に仕上げている。また、新しくセンサークリーニングやストロボも内蔵したところなど、中級機としての使い勝手も考慮されている。^^

思えば1年前は「Nikonはフルサイズをつくれないのでは?」と待ちくたびれた人たちがEOS 5Dに乗り換えた事情があるが、さて「しまった」と思っているかどうか?キャノンのレンズ資産を持つ私としては、そろそろ出ると言われ続けているキャノンEOS 5Dの後継に大いに期待したい。^^
Read more
| Camera | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
リコーGX 200

GX200


リコー、プロ仕様のコンパクトデジカメ「GX200」
リコーは6月24日、コンパクトデジタルカメラ「GX200」を7月4日に発売すると発表した。撮像素子には、画素数1210万画素の1/1.7 型原色CCDを採用。焦点距離35mm判カメラ換算で24〜72mm相当となるワイドズームレンズを搭載しており、3倍光学ズームを備える。本体に着脱式でチルトが可能な液晶ビューファインダを組み合わせた「GX200 VF KIT」も同時に発売される。店頭想定売価はボディのみが6万5000円前後、GX200 VF KITが8万円前後になる見込みだ。
リコー、1,200万画素になった広角24mm対応デジカメ「GX200」
リコー、「GX 200」の発表会を開催

05年のGRの発売から「プロ仕様のコンデジ」という風にいわれてきたが、より使い勝手の幅を広げたGXシリーズとして前モデルGX100と見た目はほとんど変わらず、中身をブラッシュアップした形で今回の200の発売となったようだ。価格的にはすでにデジ一眼のエントリーモデルと変わらない。というところで、かなりマニアックな層にしか受けないカメラだが・・・個人的には見た目のカメラっぽさでいうと単焦点のGRの方が好きだ。^^

そしてもう1つ気になるカメラがシグマDP1・・・ACP-Cサイズのイメージセンサーに28ミリ単焦点レンズ。そして価格はGRより高い。(^ ^;

シグマDP1 by amazon
Read more
| Camera | 10:05 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
EOS Kiss F

EOS Kiss F


キヤノン、実売7万円のデジタル一眼レフ「EOS Kiss F」

キヤノンは、低価格デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss F」を6月下旬に発売する。店頭予想価格は、ボディのみが7万円前後の見込み。「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」が付属するレンズキットが8万円前後の見込み。
 2008年3月発売のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X2」よりさらにエントリー向けとしたモデル。Kiss X2で採用したライブビュー機能や画像処理エンジンを搭載しながらも、画素数や液晶モニターのサイズを抑えることで低価格を実現した。 Kiss Fの“F”は「ファミリー」や「フレンドリー」などを表したといい、コンパクトデジタルカメラや、従来モデルの「EOS Kiss Digital X」からの買い換えユーザーをターゲットにする。なお、EOS Kiss Fの発売に合わせて、EOS Kiss Digital Xの販売は終了する。
写真で見るキヤノン「EOS Kiss F」(β機)

Nikonの低価格路線が市場を引っ張る形で、デジ一眼が売れている。遅まきながらそれに対抗する形でキャノンもエントリーモデルのEOS Kissをブラッシュアップし、価格を下げてきた。^^確かに私の周辺でもそれまであまり写真に対する興味の薄かった層の人たちが、デジ一眼を購入し写真に目覚めている。^^それにしてもデジタルが故に開発スピードが早く、より高性能なものがより低価格で発売される・・・という状況に戸惑いを覚える人も多いようだが、新しいカメラがいい写真を撮るのではなく、あくまでもテクニックがあってのレベルだという事を忘れてはいけない。(笑)

とかいいながら、最近まったく写真を撮っていない。(^ ^;
もっぱら撮影した後の写真の楽しみ方をレクチャーする機会が多いのだが、これも相当のスキルがあっての話で、それ以前にPCの基本から理解してもらう必要がある。という事でなかなかすぐには効果が表れない。

EOS Kiss F レンズキットby amazon

という事で、デジタル化時代のフォトフレーム
SONY CP1数あるデジタルフォトフレームの中でもこれが一番面白そう。^^撮影した写真は片っ端からこいつに入れてしまいましょう。

VAIO Extension Line Canvas Online CP1 by amazon
| Camera | 10:17 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
ポラロイド生産終了



ポラロイド、インスタントフィルムの発売を今夏に終了
日本ポラロイドは2月21日、インスタントフィルムの生産を2008年夏に終了することを発表した。 同社では生産終了の理由について「デジタル製品が市場に定着する中、インスタントフィルムの需要は減少を続けており、入念な検討を重ねた結果、フィルムの生産を終了することとした」としている。

あらら・・・今でもSX-70なんかは一部のマニアの間では現役で利用されているはずなのだが、フィルム供給が終了ということらしいという事でしっかり買いだめするにしても限りがあるし、どーなるんでしょうね?

ポラ、それはそれで味のあるシャシンなんだけど、まー時代の流れということで仕方がないのかも知れないが、銀塩35ミリフィルムもその内なくなるんでしょうね。。。(-。-;)

09.10.17--------------

ポラロイド復活
| Camera | 03:16 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
Nikon D60

Nikon D60



ニコン、エントリー一眼レフ「D60」
ニコンは、エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「D60」を2月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、ボディのみが7万 5,000円¥ 67,320(Amazon)前後、交換レンズのAF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VRが付属する「D60レンズキット」が8万円前後、D60レンズキットにAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6 G (IF)が付属する「D60ダブルズームキット」が11万円前後。

D40xの後継機としてD60という新たな機種名でリリースされる。外見はほとんど変わらないが、中身はD300などに搭載されている機能を惜しみなく投入しているようで、このクラスでようやくイメージセンサークリーニングが装備された。また「アクティブD-ライティング」も上位機種で採用されているものにマッシュアップされ白飛びや黒つぶれを軽減し見た目に近いコントラスト画像を得ることが出来る。とある。有効画素は10.2メガピクセル。
Read more
| Camera | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
RICHO GR DIGITAL II発表

GR DIGITAL II


リコー、高級コンパクト機「GR DIGITAL II」
リコーは、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」の後継モデル「GR DIGITAL II」を11月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後の見込み。
 2005年10月に発売したGR DIGITALと同じレンズの採用や、ほとんど変わらないボディデザインなど、GR DIGITALの多くのコンセプトを継承した。一方で、RAW撮影時の処理時間やレンズの動作音など従来の不満点を改善している。

顧客満足度調査でNo1の信頼を受けているリコーのGR DIGITALがブラッシュアップされた。コアなファンに評価されていた機種だけに、筐体デザインやコンセプトはそのまま継承し、CCDの画素数アップ、書き込み速度の高速化、新開発の画像処理エンジンの搭載、液晶モニターのリファインなどなどで、レンズは従来のまま28mmF2.4単焦点となっている。

今時のデジカメでズームがない。というのも一般的ではないかも知れないが、単焦点レンズの明るさやキレの良さなどが気にいっているファンも多い。それだけに独特の存在感を持って息の長い定番機種として残っていてもらいたいカメラだ。^^

GR BLOG「GR DIGITAL II発表&GR Meetingフォトレポート」という記事の中で使われいる写真・・・これはGR DIGITAL IIで撮影されたモノか?たぶんチガウのではないか?レンズのキレ味が良すぎる気がするのだが、どうなんでしょうね?^^

GR DIGITAL II
| Camera | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
SONY α700

SONY α700


ソニー、1,224万画素CMOSの中級デジタル一眼「α700」
ソニーは、デジタル一眼レフカメラ「α700」と関連アクセサリーを、11月16日に発売する。価格はオープンプライスだが、ボディのみの店頭予想価格は18万円前後の見込み。レンズとのセットも11月16日にオープンプライスで発売される。同時発表されたレンズ「DT 16-105mm F3.5-5.6」とのセット「DT 16-105レンズキット DSLR-A700P」は、店頭予想価格23万円前後の見込み

昨年夏にSONYが本格的にデジタル一眼市場に参加して1年、第2弾としてα700という機種を発表した。3月のフォトイメージングエキスポでSONYは2機種参考出品していたが、その内の1機種が製品となったようだ。CCDは有効1224万画素のCMOSセンサーという事で、Nikon D300に使われているものと同等。ボディー内手ぶれ補正、液晶モニターは3吋、メディアはCFスロットとメモリースティックディオの2つを搭載する。その他、詳しい仕様はα700オフィシャルサイトへ。

ミノルタαシリーズを受け継いだSONYだが、さてこの1年間の成績はどうだったのだろうか?動画に関係する立場でいうと、放送業務機器でのSONYは世界レベルでナンバーワンだが、静止画(写真)ではどうか?長年フィルム時代から培って来た独自ノウハウを持つCanonやNikonに対抗できるだけの製品になっているのだろうか?という疑問を持つ。
このクラス(価格帯)の機種になると、そのあたりの微妙な部分に対して、厳しい基準で見られる事から、苦戦が予想されるが・・・そこはミノルタのDNAがしっかりと活かされているのかも(^。^;)

という事で、今後の評価に注目したい。^^
| Camera | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
Nikon COOLPIX P5100

COOLPIX P5100


ニコン、フルマニュアルの最上位機「COOLPIX P5100」

ニコンは、1,210万画素のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P5100」を9月21日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。最新のデジタル技術を結集した画像処理コンセプト「EXPEED」(エクスピード)を採用する。また、「顔認識AF」が「顔認識AF2.0」となり、検出速度の高速化を実現。さらに、背景に合わせた顔の明るさ調整も行なう。認識数も最大12人に増加。再生時には、顔認識で撮影した顔を拡大する「顔ズーム」が利用可能になった。

Cannonに比べてこのクラスの価格はNikonの方が割安感がある。内容的にもD3、D300で開発した技術を惜しみなく投入しているようで、最新のスペックとなっている。デジタル一眼を持っていても、コンデジ(コンパクトデジカメ)は必要である。^^人によってはもっと小さいサイズを好む場合もあるが、私の場合はあまりに小さすぎると操作性が犠牲になる事の方が問題なので、ある程度の大きさを必要とする。^^いや単純に自分の手がデカイから・・・(^O^;
NIKON COOLPIX P5100 価格30,780円 (税込) 送料込
Read more
| Camera | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
Nikon D3&D300を発表

Nikon D300


ニコン、35ミリフルサイズのデジタル一眼「D3」と「D300」を発表
ニコンは8月23日、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「D3」と、ハイアマチュア向けモデルの「D300」を発表した。D3は、35mmフィルムカメラとほぼ同サイズとなる36mm×23.9mmのCMOSセンサーを搭載する「FXフォーマット」を採用した同社初のモデルとなる。発売は11月を予定しており、価格はオープンで市場想定価格は税込み58万円前後となっている。D300はニコンのデジタル一眼レフカメラで広く採用される「DXフォーマット」の画像素子を採用したモデル。画像素子はソニーと共同開発自の12.3メガピクセルCMOSを搭載し、秒間6コマの連続撮影が可能だ。どちらのカメラについても、画像処理システムを一新。新開発の「EXPEED」を採用し、広いダイナミックレンジの再現をはじめ、画像処理の高速、高画質化を実現している。
ニコン取締役社長兼社長執行役員兼CEO兼COOの苅谷道郎氏は、FXフォーマット搭載のD3について「長い間お待ちいただいた方もいるのではないか。新製品は1959年のニコンF、1991年のD1とともに時代を切り開くデジタル一眼の最高峰」と自信を見せる。


Nikon D3


今年の春頃にフルサイズのNikon D3が出てくる。という噂が一部にあったが・・・いくら待ってもその後情報がないまま、先にCanonが出て来た。(笑)あーーーもうこれで終わりか?と思ってしまった人もたくさんいるのではないだろうか?Canonの発表のちょっと前からNikon D3のティザー広告が流れていたらしいが、CCDについては謎のままだった。

そしてようやくNikonからフルサイズが出た。ヽ(^o^)ノ
苅谷社長が自信を持って言い切る「最高峰のカメラ」Nikon D3。ある意味EOSよりも期待感が高まる。そして同時にD200の後継としてのD300。使い勝手でいうとこの方が実用的なのだが、しばらくはD3に注目が集まるだろうなぁ〜

個人的には、Canon-1DsよりNikon D3のデザインの方が好きだ。どちらもデカイが覚悟を決めて持ち歩くならD3だな。^^

展示会は9月の3.4週目で東京と大阪それ以外の都市は10月

Nikon D3&D300
Read more
| Camera | 22:40 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
キャノンEOS 40DとEOS-1Ds MarkIIIを発表

EOS 40D


10メガに進化したハイアマ向けデジ一眼「EOS 40D」
キヤノンは8月20日、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 40D」を8月31日より販売開始すると発表した。ボディのみと、EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISをセットした「EF-xzS18-55 IS レンズキット」、EF-S17-85mm F4-5.6 IS USMをセットした「EF-S17-85 IS U レンズキット」が用意され、いずれも価格はオープン。実売想定価格はボディのみが15万円前後、EF-S18-55 IS レンズキットが17万円前後、EF-S17-85 IS U レンズキットが20万円前後。

30Dの発売から1年3ヶ月でブラッシュアップされた40Dが登場。
その中身はというと・・・1020画像CCD、OEM提供されている最近の1000万画素CCDではなく、独自のCMOSセンサーという事で、画素のオンチップレンズの集光効率なども高められている。
画像処理エンジン「DIGIC II」から「DIGIC III」に、このあたりはよくわからないが、A/D処理が12ビットから14ビット処理になり、より豊かな諧調表現が可能になったとの事、その他はシャッター&レンズ用それぞれ駆動用に2モーターになった。AFの進化、ファインダーの再設計、ゴミ除去、3吋液晶の採用などなど、ほぼ仕様を一新したように思われる。
Canon 40D site

EOS-1Ds Mark III


20メガのフルサイズCMOS搭載、プロ向けデジ一眼「EOS-1Ds Mark III」
EOS-1Ds MarkII(2004年11月発売)の後継となる製品。35ミリフルサイズ(約36×24ミリ)の有効約2110万画素CMOSセンサーを搭載しており、同社が豊富に用意するすべてのEFレンズがそのままの画角で利用できる。「被写体のディテールを鮮明に写しだし、中判カメラに匹敵する高画質だ」(同社)。ISO感度は常用設定範囲がISO100〜1600、最大3200まで選択ができる。

注目機種はやはりコレ!ようやくフルサイズCCDを搭載したフラッグシップモデルの登場ということで一安心。(笑)もっともフルサイズはすでに5Dが先行しているので、当然といえば当然なのだが、逆に銀塩ユーザーの要望に応えただけで、基本的にはAPS-Cで行くのではないか?と一抹の不安があった。新しいレンズの開発なども含めてどちらかに絞る方が当然ながら効率的だし・・・というような事情もあり、Canon自身も迷ったのではないか?と思われる。^^

それにしてもこのボディーは相変わらずデカイ。(笑)業務以外ではなかなかコレを持ち出して撮影しよう。などとは思わないだろうなぁ〜(^。^;)という事で古き良き時代の銀塩ユーザーは、レンズを選んだ段階で写真をイメージできる。そんなスキルが活かせるフルサイズCCDと視野率100%の光学ファインダーを持った5Dの後継を期待しましょう。
EOS-1Ds Mark III site
| Camera | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
CONTROL
PROFILE
━…━…━…━…━
My History Index
━…━…━…━…━

メールフォーム

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 迷子のフクロウ保護
    kina
  • ポール ライブ イン オオサカ
    pio
  • 宇野くん元気そうだ!
    るーく
  • 宇野くん元気そうだ!
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    みく
  • キーボード
    るーく
  • キーボード
    みく
  • 週刊朝日
    るーく
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

このページの先頭へ